スマートフォン、iPhone、携帯電話について、すべてのあなたの悩みにお答えします。

iPhoneのバッテリーの持ちがじわじわと悪くなっていく原因の一つ

iPhoneのバッテリーの持ちがじわじわと悪くなっていく原因の一つ

店舗案内 / アクセス・駐車場案内 / お問い合わせ

こんにちは 携帯コンサルタント 名古屋 ソフトバンク東海通 店長です。

iPhoneを使っていくと、段々と電池の持ちが悪くなっていっているような気がすることありませんか?

もちろん電池の劣化や使用頻度、設定の変更によって変わってきますが、意外にやってしまいがちな、電池の持ちを悪くする操作があるので紹介します。

みなさん、新しいアプリをインストールして初めて起動した時に、このような注意画面が出てきませんか?

画像の説明

上の画像はカーナビアプリを初回起動した時に出たメッセージですが、位置情報の利用を許可するかどうかの同意を求めるものです。

このケースで言えば、カーナビアプリなので、位置情報を使う必要があるので、「許可」を選択しないとアプリがほぼ使い物にならなくなります。

ただ、位置情報を使わなくても使えるアプリでこの画面が出てきた場合は、「許可しない」を選んだ方が、電池の節約になります。

アプリによっては位置情報を取得を許可しないと使えないものもありますが、仮に「許可しない」を選択した場合でも、あとで設定で「許可する」に変更できるので、大丈夫です。

他にも、通知を許可するかどうかの同意画面が出てくることも多いです。

これは、アプリからの新着情報などをアプリを使っていない時でもお知らせするかどうかの同意です。

よく使うアプリや、通知が積極的に欲しいアプリでもなければ、オフにしておいた方が良いです。

なんでもかんでも通知をオンにしてしまうと、電池の持ちに影響するだけでなく、
いちいち通知が出て操作の邪魔になります。

また、通知を見るまでアプリの上の未読通知の件数が消えなくてごちゃごちゃしたホーム画面になってしまいます。

アプリを起動した時に今回紹介した同意画面が出てきた時は、面倒でもちょっとだけ立ち止まって、必要かどうか決めて頂くことで、電池の節約につながります。


ここからは読みたい方だけ

一度「許可する」にしてしまったものを「許可しない」に後から変更したり、その逆の変更をする方法を紹介します。

・位置情報サービスの場合
「設定」 > 「プライバシー」 > 「位置情報サービス」 > 変更するアプリを選択

・通知の場合
「設定」 > 「通知」 > 変更するアプリを選択

名古屋 ソフトバンク東海通 店長でした。

【ソフトバンク東海通】
●営業時間:10:00 ~ 19:00 ●定休日:年中無休(年末年始除く)
●住所:愛知県名古屋市港区辰巳町35-20ソレイユ東海通1F
●電話番号:052-651-9992 ●駐車場:店舗裏にあり

コメント



認証コード9046

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional